24時間365日受付中。
ご自宅へお伺いいたします。

0120-907-743

staff blog

HOME > staff blog > ペット葬儀・ペット火葬の相場

2017年12月14日

ペット葬儀・ペット火葬の相場

人間と同じように、動物にも命が終わるときは訪れます。

そうなった時、どのように供養をすればいいのでしょうか。現在では、「ペット葬」という犬や猫といったペットのための葬儀スタイルが発達しています。今回は、そんなペット葬の種類や流れ、相場をご紹介します。

人間の葬儀と同様、ペットの亡骸を火葬・納骨して供養することがペット葬です。最近では珍しくなくなったペット用の斎場・霊園が各地に建てられており、ペット葬を希望した際はそうした場所で供養を行うことができます。

料金に関しては、ペットの種類や大きさの他によって異なります。猫や小さい犬は20000円代で、大きい犬は30000~50000円代が平均的な予算です。これに加えて、他のペットと合同で火葬をするか個別でするか、火葬後のお骨上げをするかしないかなどの細かい条件によっても、料金は前後します。
火葬されたペットのお骨は、飼い主の元に届けられる、もしくはペット霊園に納骨されます。どちらにするかは選ぶことができます。霊園では、お骨を安置する場として共同の墓地や個別の祭壇などが用意されています。霊園によっては、僧侶の方による定期的な供養・法要も行われます。

もちろん、こうしたサービスを利用せずにペットを供養する方法も多くあります。以前はペットが亡くなると、自宅の庭やその近くに土葬することが一般的でした。現在では、火葬までは専門業者にしてもらい、お骨になった状態のものを自宅近くや指定された公園などに土葬する方法や、お骨をパウダー状にして海に撒くといった方法もあります。こうした供養の方法は、自然葬と呼ばれています。ペットを自然に返してあげたいという考えをお持ちの方がとられる方法です。

ペットとは、飼い主にとって家族と同じ存在です。そんなペットの供養の方法は、上記のように多岐に渡ります。手段を問わず大切なのは、家族が天国でも喜んでくれるような納得のいく供養をしてあげることなのではないでしょうか。

そんなペット葬儀、ペット火葬をペットブリッジセレモニーでは飼い主様がペットと過ごしたご自宅で執り行うことが可能です。
大切なペットが亡くなってしまった。どうすればいいのかわからない、、。そんな時は是非「ペットブリッジセレモニー」にお電話ください。
経験豊富なスタッフがしっかりとご案内いたします。

この記事の筆者 kobayashi
ペット葬儀・ペット火葬
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ