ペット葬専門業者

Published / by petbridge / Leave a Comment

家族の一員であるペットが亡くなったら、人間と同じように葬儀を行うのが当然と考える飼い主が多くなりました。しかし、人間と同じ葬儀場で葬儀を行うことはできません。そこで、ペットの葬儀を専門に行うペット葬会社が多くなりました。犬や猫は動物ではありますが、我が子のように感じ一緒に暮らしてきた方は多くいます。ペット葬を行うことで、安らかに天国へ見送ること、そして飼い主家族がペットとのお別れをする時間を持つことで、心の整理をつけ、前向きに生活できる方向性を付けることにもあります。ペットのおかげで楽しい毎日が送れた、ペットのおかげで自分も成長することができたという感謝の気持ち、そしてこの先も頑張るねという誓いをペットにかけることができるのです。そういった感情を持つ機会を与えるのがペット葬であるのです。亡くなったらまずは体を清潔にし、安置します。そしてペット葬会社に連絡し、内容やプランの選定をします。体を保冷材などで冷やし、ペット葬会社の引き取りを待ちます。ペットが好きだったおもちゃ、ごはん、写真などと一緒に最後の時間を共に過ごします。そして火葬になりますが、他の犬や猫と一緒に合同で行う火葬、個人で行う火葬があります。個人で行う場合には火葬に立ち会い、家族で拾骨を行います。火葬が終わると初七日の間には家で保管します。お水やお供え物をします。そして49日までには点に連れて行ってもらわなければなりません。辛いですが、しっかりとこころの整理をつけ埋葬をします。埋葬は合同のペット墓、個別の墓があります。飼い主それぞれの考え方を尊重して悲しみを乗り越えて判断する必要があります。ペットの死は悲しく辛いものではありますが、自分が元気なうちにしっかりと最期を看取ることも飼い主の義務です。ペット葬をするところきちんとすることで飼い主としてペットを愛し、責任を全うしたことになるのです。ペット葬をすることで、飼い主とペットの心の絆は永遠につながっていることになるのです。

ペット葬儀の歴史

Published / by petbridge / Leave a Comment

ペットを供養すること自体は非常に古くから行われています。特に2000年代以降にはペット霊園などの事業化も進んでいます。ペットは家族と考える人も多く、人間と同じように扱ってやりたいと思うのも無理はないです。しかし、ペット葬としてお経を上げたり、火葬した骨を骨壺に入れて手元に置くのは何か違う気がします。とは言うものの、ペット霊園においては、人間の埋葬と同じように火葬や骨壺による埋葬、さらに49日等の法要を行うサービスが用意されていることが多いです。もはやそういう仕組みが出来上がっている以上これも文化の一つと考えて受け入れるしかないです。ちなみに、わざわざそのような葬儀をせずとも犬や猫が死んだ場合は、市のごみ処分場などに持っていけば勝手に焼いてくれます。ペットの大きさにもよりますが、費用は1匹につき数千円程度です。民間のごみ処分業者に頼むと数万円かかるので、公営の施設に頼む方が良いです。土日や祝日は休みのごみ処分場があるので、金曜日の夜中などにペットが死んだ場合は、自宅等で保管しなければならないです。この場合は、ドライアイスが必要です。ドライアイスは葬儀屋に行けば数千円で購入できます。特に夏場になると生ごみはすぐに腐ってくるので、万一焼き場を利用できない場合は早期に対策すべきです。ゴミとして処分されてしまうと遺骨等は回収できないので、その点は注意です。たまにペットの遺体を川に流したり、公園に埋めたりする人がいますが、法律で禁止されているので絶対してはいけないです。ペットを育てるのが面倒になったので殺して庭に埋める方も稀にいますが、自宅の敷地内であれば、法律上の問題はないです。以前、香川県では「いらなくなったペットを捨ててください」と掲げていた施設がありましたが、現在はないようです。基本的に生ごみは適切に処分しないと不衛生で、他人にも迷惑が掛かります。犬や猫の死骸は一般廃棄物なので、きちんと一般廃棄物の基準を満たした処理をすべきです。

ペット葬儀の費用について

Published / by petbridge / Leave a Comment

近年、ペットを自分の子供のように扱うという人が多く、ペットに掛ける費用が右肩上がりになってきていることからも良くわかります。そのためペット用のサービスも充実してきています。
その中で注目されているサービスが「ペット葬」です。
大切な愛犬、愛猫が亡くなってしまったら、その遺体をそのまま放っていくわけにはいきません。今や人間と同じように火葬をする「ペット葬」を行うのが一般的となっています。
ペット葬を行う意味としては、人間も動物も変わらぬかけがえのない命であるということ。生涯をともに過ごし、たくさんの思い出を残してくれた家族のため感謝の気持ちを込めて供養をするためです。
また、残された家族の心の整理をするためでもあります。供養をする中で、ペットに対ししっかりお別れをし、自分の心と向き合うことが出来ます。
ペット葬は合同火葬と個別火葬に分かれています。
合同火葬とは、他家のペットと合同に火葬、埋葬、納骨されるため、遺骨が手元に戻ってくることはほぼないと考えて良いです。
一方、個別火葬には種類があり、一任個別火葬、立会個別火葬、訪問火葬車による火葬があります。
一任個別火葬とはペットは個別で火葬されますが、火葬に立ち会うことはできません。葬儀業者が骨壷に遺骨を納め、家族に返骨するか、納骨堂に納めます。
立会個別火葬とは、火葬の際に立ち会うことが出来ます。個別で火葬をし、立会いをした人が遺骨を骨壷に納めます。遺骨は返骨するか、ペット霊園の埋葬、納骨施設などが選択できます。
訪問火葬車によう火葬とは、訪問火葬車による出張での火葬になります。自宅の近辺やその近所にて火葬を行い遺骨を骨壷に納めます。こちらも遺骨は返骨するか、ペット霊園の埋葬、納骨施設が選択できます。
費用も方法や業者によってもさまざまですが、一般的には合同火葬は比較的安価な場合が多く、一方人間の火葬とほぼ変わらないやり方で行う立会個別火葬は高価な場合が多いです。

ペット葬業者に依頼する

Published / by petbridge / Leave a Comment

家族同然の犬や猫などのペットが亡くなった時は悲しいものですが、その時には葬儀を行うことがあります。ペットの葬儀は最近は一般化しているので、業者に依頼をすれば色々な配慮をしてくれます。
このようなことをする時は利用する業者のプランについて調べて、どういう形になるのか把握することが大事です。

ペット葬には豪華なものから簡素なものまで、色々な種類があるので自分に合ったものを選ぶことになります。また葬儀が終わった後でペットの遺骨をどうするかという問題もあるため、事前の情報収集が必要になりやすいです。
ペット葬では複数の人と合同で行うものもあり、そういう形ならばあまり悲しまずに対応ができます。

家族や個人で行えるタイプのものは、落ち着いた雰囲気で行えるため利用がしやすいです。
ペット葬を頼める業者は複数で行えるものと、少人数で行える両方のプランを提供していることがあります。
複数の人で行うタイプは料金が安いことが多く、色々な負担を軽減できる良さが存在します。

個人や家族だけで行うタイプは料金は高めですが、かなり変わったタイプの葬儀も行うことができます。
ペット葬を行う時は亡くなったペットを相手の業者に渡しますけど、夏の暑い時期だと色々な問題が起こりやすいです。
そのためこのような業者を利用する時は、早めに引き取りに来てもらえる所を利用したほうが安全です。

早めに引き取りに来てくれる業者ならば対応もしやすいですし、ペットが亡くなった時に困ることが少ないです。
ペット葬は今は一般化してきているものなので、色々な業者がこのようなサービスを提供しています。

サービスを利用する時はどういう形で行うのか、よく確認をしてから仕事を頼むことが大事です。
特に亡くなったペットの引取は重要になりやすいので、業者に確認をしてから依頼した方がいいです。

ペット葬は亡くなった犬や猫を弔うことができるもので、色々な悲しみを軽減できる評価すべき方法です。

ペット葬儀は必要です。

Published / by petbridge / Leave a Comment

近年、自宅で犬や猫などの小動物を飼う人はとても増えています。しかし長年の間、まるで家族のように自分の子供のように共に一緒に過ごしてきたペットが亡くなった時の悲しみは、とても耐えがたく一気に寂しさが襲ってきます。そして、もしこのような事態になった場合、いつまでもペットの遺体をそのまま自宅に置いておくわけにはいきません。早いうちに、どのように供養するのかと言うことを考えなくてはなりません。以前はペットが亡くなると、庭に埋めたり自分でお墓を作るなどしていました。現代も土地があればペットを土葬することは可能ですが、ペットも家族の一員であると考え、ペット葬を執り行い火葬するケースが増加しています。これは今まで自分達を癒してくれた動物に感謝の意を込めて、大切な命をきちんと弔い、人間と同じように葬儀を行い火葬し、霊園に安置すると言うものです。またペット葬と言う機会を設けることできちんとした区切りをつけることが出来るので、ペットとの別れにもしっかりと向き合うことが出来ます。ペットを供養すると言う気持ちや、これまでの思い出とともに送り出すことが出来れば、ペットも喜び人間も悔いのない別れをすることが出来るはずです。また業者に全ての工程をお任せすることで、家族はゆっくりとお別れの時間を持つことが出来るようになります。ペット葬では、人間の葬儀と同じように祭壇を設置することも可能です。一般的には、自宅から業者が遺体を引き取り、火葬をして弔います。個別火葬が主流ですが、希望があれば合同火葬も可能です。その際はペットが生前好きだった食べ物やおもちゃ・花なども一緒に入れることが出来ます。その後は骨を霊園に安置するので、しっかりとした供養が可能になります。近年はペットの死により、ペットロス症候群を発症する人も増加しています。ペットを亡くしたことによりショックを受け、精神的または身体的に障害を引き起こしてしまいます。このような事態にならないためにも、ペット葬は必要であると言えます。

ペット葬のスタイル確立

Published / by petbridge / Leave a Comment

人間と同じように、動物にも命が終わるときは訪れます。そうなった時、どのように供養をすればいいのでしょうか。現在では、「ペット葬」という犬や猫といったペットのための葬儀スタイルが発達しています。今回は、そんなペット葬の種類や流れをご紹介します。

人間の葬儀と同様、ペットの亡骸を火葬・納骨して供養することがペット葬です。最近ではペット用の斎場・霊園が各地に建てられており、ペット葬を希望した際はそうした場所で供養を行うことになります。
料金ですが、ペットの種類や大きさの他によって異なります。猫や小さい犬は20000円代で、大きい犬は30000~50000円代が平均的な予算です。これに加えて、他のペットと合同で火葬をするか個別でするか、火葬後のお骨上げをするかしないかなどの細かい条件によっても、料金は前後します。
火葬されたペットのお骨は、飼い主の元に届けられる、もしくはペット霊園に納骨されます。どちらにするかは選ぶことができます。霊園では、お骨を安置する場として共同の墓地や個別の祭壇などが用意されています。霊園によっては、僧侶の方による定期的な供養・法要も行われます。

もちろん、こうしたサービスを利用せずにペットを供養する方法も多くあります。以前はペットが亡くなると、自宅の庭やその近くに土葬することが一般的でした。現在では、火葬までは専門業者にしてもらい、お骨になった状態のものを自宅近くや指定された公園などに土葬する方法や、お骨をパウダー状にして海に撒くといった方法もあります。こうした供養の方法は、自然葬と呼ばれています。ペットを自然に返してあげたいという考えをお持ちの方には、お勧めできる方法です。

今やペットとは、飼い主にとって家族と同じ存在です。そんなペットの供養の方法は、上記のように多岐に渡ります。手段を問わず大切なのは、家族が天国でも喜んでくれるような納得のいく供養をしてあげることなのではないでしょうか。

ペット葬とは?

Published / by petbridge / Leave a Comment

ペット葬とは、犬や猫その他飼育していたペットの葬儀をすること、またそれに関連したサービス全般を行うことを指しています。
 ペットの供養や葬儀を出すことは歴史が古く、古代エジプトでは丁寧にミイラにされた猫が見つかっています。また日本でも、縄文時代の遺跡から犬の埋葬跡が見つかっています。人間は、昔から動物を丁寧に埋葬する習慣がありました。
 現代においても、ペットが亡くなったあとも人間と同じように葬儀を出し、埋葬をしたいと考える人が多くいます。かわいがっていたペットは単なる動物ではなく、家族と同然との考えからです。こうした事情で、ペット葬を行う業者やペット霊園の需要が近年高まってきました。
 ペット葬の業者やペット霊園の供養の形態はいろいろあります。シンプルに火葬して埋葬するだけのケースや、人間と同じように、聖職者による話や読経の後火葬され、骨壺に入れて埋葬、49日の法要などを行うこともあります。これは業者が様々な葬儀のコースを用意しており、飼い主がどのような供養を望むかによって選べるようになっていることがほとんどです。費用はコースとペットの種類や体重などで上下しますが、火葬のみのシンプルなもので、だいたい1万円から5万円くらいの幅になっています。聖職者へのお礼や墓地、納骨堂の代金は別扱いです。
 ペット葬についての法整備はまだありません。遺体は法的には一般廃棄物の扱いとなり、通常は焼却場などで火葬の手配をしてくれるようになっています。また埋葬についても不法投棄の扱いにならないよう適切に処理する必要があるとされているだけです。それでも、大切な家族を失った飼い主にとっては、死後もできるだけのことをしてやりたいとの思いがあります。また、ペットへの思い入れの強い人は、ペットがいなくなったストレスでペットロス症候群になることもあります。そうした人々の心に沿うために、ペット葬は大切な儀式となっています。

良いペット葬儀やさんって?

Published / by petbridge / Leave a Comment

ペットを本当の家族のように考えて一緒に暮らしている人は多いでしょう。毎日接していた可愛いペットが亡くなってしまったら、しっかり葬式をあげてやりたいと考えるのではないでしょうか。そのような要望が増えたことによって、近年はペット葬と呼ばれるペットのための葬儀が多く行われるようになりました。そこで今回は、ペット葬にはどのようなものがあるのかを紹介します。
ペットが亡くなったらそのまま放置しておくことはできません。腐敗してしまう前に、火葬をとり行うのが一般的です。一口に火葬といっても、さまざまなパターンがあります。もしペットも扱っている火葬場が近くにあるなら、自分でそこまで運ぶと良いでしょう。自分で運ぶのが無理な場合は、連絡すると迎えに来てくれる業者も多いです。猫の場合はともかく、大型犬の場合は運ぶのが大変なケースもよく見られます。大きすぎて運びにくいときは、運送を行っている業者の利用を検討してみると良いでしょう。
また火葬の機能を持つ専用車で自宅まで来てもらう方法もあります。大型犬の場合は対応していないこともあるので、事前確認を慎重に行うことが大切です。この方法であれば、ペットが住み慣れた自宅の近くで火葬を行えます。ペットに寂しさを感じさせたくないなど、心情的に良いと感じる人が多いでしょう。また高齢者など移動するのが大変な場合にも非常に便利です。
業者によって葬儀に対するスタンスは大きく異なります。たとえば効率を重視して、淡々と作業を進めるところもあります。時間がなくてスムーズに葬儀を終えたい場合は、そのようなところを選ぶのも1つの手といえます。逆に人間の葬儀と同様のスタンスで、時間をかけて行う業者も少なくありません。たとえばペットを火葬する際、遊ぶのに使用した玩具を一緒に燃やしたりするなど、人間の葬儀を彷彿とさせる演出が多いです。そのような業者を選ぶと、別れをじっくり偲ぶことが可能です。

ペット葬を利用する。

Published / by petbridge / Leave a Comment

ペット葬は、感謝を伝え、なおかつ心の整理をするために必要なことです。犬や猫というものは、人間社会に古くから溶け込んできた動物で、ペットとしての歴史はピラミッドの時代までさかのぼることができます。

現代においても、子供の頃から共に育ってきたという人もすくなくありません。それだけに、失ったときに感じる喪失感というのは、耐え難いものがあるのです。だからこそ、真心を込めたペット葬を行い、感謝の気持ちを伝えるべきなのです。
飼っていた犬が亡くなった際には、登録抹消の手続きをしなければなりません。もし特定の病気で死んでしまった場合には、遺体を保健所に引き渡すという決まりもあります。猫の場合は、多少は手続きが簡略化されます。それでも辛い別れにはかわりありません。

また、豚やヤギといった家畜としても飼われている動物になると、所定の取扱場でしか火葬してはいけないと定められています。このように、心が沈んでいるときでも、決め事というのは飼い主へ、容赦なくやってくるのです。
そこでペット葬を取り扱っている業者が、心の支えとなってくれます。煩雑な手続きをスムーズに進められるよう取り計らってくれますし、葬儀の内容も、安心のプランを取り揃えています。そして、火葬したあとの霊園や納骨堂というのは、あまり馴染みのないものです。そこへも迅速に収められるように手配してくれますので、辛いときこそ頼りになるのです。
最近では火葬されたあとの遺骨を、持ち帰る人も増えています。それをペンダントにして、側においておくことで、さらに人生を共にしようという気持ちが、そこにあります。こうした細かい要望にも、ペット葬の専門業者は逐一答えてくれます。犬や猫と過ごしていた時間が長いほど、精神的ダメージを深いものです。しかし、悲しむべき時間をきちんと作ってこそ、乗り越えるのも早くなります。真心込めたペット葬を執り行い、冥福を祈っていきましょう。

ペット葬儀(ペット葬)について思う事

Published / by petbridge / Leave a Comment

犬や猫はペットとして人気のある動物で、家族のように一緒に生活をしている人は多いです。
このタイプの動物はある程度長生きをしますが、人間に比べるとそれほど寿命は長くありません。
そのためある程度の間飼っていると亡くなってしまうこともあり、そういう時はペット葬をする事になります。
このようなことは以前はあまり行われていませんでしたが、今は専門の業者がいるので仕事を頼みやすいです。
ペット葬を頼むときは業者を選ぶことが大事で、どこに頼むべきかはある程度早めに考えておいたほうがいいです。ペットが亡くなるときは事故でない限りは、すぐに亡くなるということはめったにないです。
そういう所があるので葬儀を準備するための時間はありますから、早めに利用する業者について調べておくことが大事です。ペット葬では簡単にできるものから大掛かりのものまで存在し、色々なタイプのものがあるので選びやすくなっています。
特別なものだとお寺のお坊さんに頼めるものもあるので、そういう形でペットとの別れを行うこともできます。
このような葬儀をする時は最初に亡くなったペットを移動させますが、そういうことをあまりやりたくない方もいます。しかし亡くなったペットを放置しておくと色々な問題になるので、できるだけ早く対応をすることが大事です。
亡くなったペットへの対策としては業者に頼むやり方もありますが、そういうことについてはこちらに任せる業者もあります。すべての問題に対応をしてくれる業者は便利ですけど、そのような所を利用する時は費用が高くなります。
そうではなくある程度はこちら側で対処をする場合は、費用が安くなりやすいので色々なメリットがあります。
ペット葬では葬儀を行って火葬をして、その後ペットの骨をどこかに保管することになります。
その時はペット専用のお墓を購入することもできますが、何らかの特殊な入れ物を使うこともあります。
ペット葬はペットを飼っている限りは考えなければいけないものなので、適切な対処をしておくことが大事です。